工房

工房コンセプト

学びの場としての「工房」の設置

学生は、全ての指導教授の研究室から独立した共通の学舎「工房」に身をおいて、バックグラウンドを異にする学生同士、場を共有して日々の研究・学習生活を送る。洗練されたコロキューム、ティータイムミーティング等を仕掛ける中で、学問的刺激に満ちた空間を作り、ものごとの本質的問題に目を向ける習慣を育てるともに、異分野の方法論について深い理解を与える。また、学生同士互いのアイデア・研究について「透過」かつ「インタラクティブ」な状態を作る。これらによって、学生の研鑽への意識は高まり、異分野の融合研究が容易に誘発することが期待できる。これらは、先見力、構想力の基礎に繋がる。

工房 所在地
 〒169-0072 東京都新宿区大久保2-4-12 新宿ラムダックスビル3F
 TEL:03-6233-7801(代表) / FAX:03-5285-0028
レイアウト
Lounge
HIROBA IDOBATA
Entrance
Personal
Lab. Space

工房内には学生が個人またはグループで研究を行えるデスクやホワイトボードが各所に用意されています。

Lab. Space Lab. Space
Lab. Space Lab. Space
Lab. Space Lab. Space

▲ PAGE TOP