プロダクトマネジメントセミナー(及川卓也氏、齊藤満氏、10月6日(土)開催)

日 時 2018年10月6日(土) 14:00~16:00
場 所 早稲田大学 西早稲田キャンパス(理工学部) 52号館 1階 101教室(定員:164名)
講 師 及川 卓也 氏 (フリーランス 技術アドバイザー)、
齊藤 満 氏(楽天株式会社 コマースカンパニー ジェネラルマネージャー)
対 象 早稲田大学の学生・教職員、および一般の方々
氏名(必須)
フリガナ(必須)
ご所属(学生は学年も)(必須)
メールアドレス(必須)


(送信時に確認画面は出ませんのでご注意ください)

講演内容

タイトル: グローバルにおけるプロダクト開発の鍵となるプロダクトマネージャーという職業
概 要: IT業界を中心として、プロダクトマネージャーという職業の重要性が叫ばれています。
もともとは日本の自動車産業での主査制度を基にしたとも言われる、このプロダクトマネージャーですが、米国にて独自の進化を遂げ、成功するプロダクトの開発には欠かせない存在となっています。日本においても、ウェブ系企業などでその認知も高まっておりますが、まだまだ専任の担当者を置いていない組織も多くあります。今回はこのプロダクトマネージャーについて、その重要性や魅力を説明します。早稲田大学の学生の皆さんのキャリア選択の参考にして頂ければ幸いです。
講演者 略歴: 及川 卓也  フリーランス 技術アドバイザー大学を卒業後、外資系コンピュータメーカを経て、MicrosoftにてWindowsの開発を担当。Windows Vistaの日本語版および韓国語版の開発を統括した後、Googleに転職。ウェブ検索やGoogleニュースをプロダクトマネージャとして担当。その後、Google ChromeやGoogle日本語入力などの開発をエンジニアリングマネージャとして指揮。2015年11月より、プログラマ向け情報共有コミュニティであるQiita運営のIncrementsにてプロダクトマネージャとして従事後、2017年に独立。現在、プロダクト戦略やエンジニアリング組織作りなどでスタートアップを中心とした企業への支援を行う。2018年1月からはデンソーの顧問も務める。

Google在籍時の2012年1月、NHK「プロフェッショナル仕事の流儀」に取り上げられる。

齊藤 満 楽天株式会社 コマースカンパニー ジェネラルマネージャー

大学を卒業後、商社での開発を経て、Microsoft Japan にて、IE、OE、Windows Me などの、International PM、Windows XP、Vista の Technology Evangelist に従事。その後、Microsoft USA に渡り、Windows Division にて、Kernel PM、Middle Ware PM、UX PM を経験し、現在は、楽天トラベルの PM Manager として、Web Service の開発を担当している。

 タイムテーブル:   PDF
主催: 早稲田大学 実体情報学博士プログラム
共催: 早稲田大学 スーパーグローバル大学創成支援「ICT・ロボット工学拠点」

 

ホームへ戻る

▲ PAGE TOP