2017年度第6回コロキューム (11月22日(水)実施)

日 時 2017年11月22日(水)13:00~14:30
場 所 実体情報学博士プログラム「工房」
※IPSとはTV会議システムによる中継を行います。
(事前申し込み者がいない場合は、中継は実施しません)
講 師 玉城絵美 准教授 (早稲田大学 創造理工学研究科 総合機械工学専攻)
対 象 早稲田大学 理工学術院 修士課程学生、博士課程学生
募集人数 西早稲田 50名 IPS 20名(先着順)
申し込み  参加ご希望の方は、下記e-mailからお申込みください。
leading-sn-info_at_list.waseda.jp (※ “_at_”は“@”に置き換えてください)
実体情報学博士プログラム事務局宛

講演内容

タイトル: 工学研究からビジネスへの流れとその事例
概 要:
工学分野での研究成果がビジネスに移行するレベルであるTRL(TechnologyReadinessLevel) を
加味しながら起業や共同事業タイミングについて議論する.
また,いくつかの大学発ベンチャーのビジネスを事例に挙げ,それぞれの研究成果からビジネスに移行する過程について紹介する
講演者 略歴: コンピュータからヒトに触感や身体感覚を伝達するHCI研究とその普及を目指している.2009年 東京大学エッジキャピタル(UTEC)にてシーズ探索インターン,2010年 Disney Research Pittsburghにて研究に従事する.2011年 コンピュータがヒトの手の動作を制御する装置PossessedHandを発表し,多数の学会で注目される.同年,東京大学大学院にて博士号取得し,東京大学 総長賞受賞と同時に総代をつとめる.2012年にH2L,Inc.を創業.2013年 早稲田大学に移籍.2015年,KickStarterにて世界初触感型ゲームコントローラUnlimitedHandを発表し22時間で目標達成.同年,日経ウーマン ウーマンオブザイヤー準大賞受賞.2016年 WIRED Audi Innovation Award 2016,日経ビジネス 次代をつくる100人,科学技術・学術政策研究所ナイスステップな研究者(科学技術への顕著)賞 受賞.同年から内閣府 総合科学技術・イノベーション会議, 科学技術イノベーション政策推進専門調査会にて第5期科学技術基本計画の総合戦略に関する委員を務める.2017年 外務省 WINDS(女性の理系キャリア促進のためのイニシアティブ)大使 に任命,H2L, Inc.では一般向けコントローラFirstVRを発表.

 

ホームへ戻る

▲ PAGE TOP